塙保己一

盲目の国学者塙保己一(1746〜1821年)について調べていたら、埼玉県の子ども向けパンフに「塙保己一物語」というものを見つけた。
Wikipediaより面白い。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/hanawa/documents/404314.pdf
そのパンフの最後に保己一に挑戦クイズあるので、それから、挑戦。

1.保己一が、病気がもとで失明してしまったのは、何歳の時だった?
ーーー7歳の時。

2.保己一が15歳のとき、江戸に向かう決意をしたきっかけとなった職業は?
ーーーあんま、はり。 (当道座)

3.保己一が編集・出版した「群書類従」。その群書類従の版木は全部で何枚?
ーーー17,244枚。 版木は裏表両面刷れるので約34,000ページ分。 666冊。

4.現在の大学ともいえる、保己一が設立した学問所の名称は?
ーーー和学講談所。

5.世界的偉人ヘレン・ケラーに、塙保己一のことを教えたのは誰?
Her mother. In 1937, Helen Keller came to Japan and visited Hokkiichi’s memorial house. She expressed her impression as follows: “When I was a child, my mother told me that Mr.Hanawa was your role model. To visit this place and touch his statue was the significant event during this trip to Japan. The worn desk and the statue facing down earned more respect of him. I believe that his name would pass down from generation to generation like a stream of water.”

塙保己一記念館、撮影前の予習でした。・・・

フェラーリ ラフェラーリ LaFerrari

ハッと気がつけば「この世の楽園・日本」を投稿して7ヶ月あまりたってしまった。
その間小生のブログを見た人は、「この世の楽園」で更新がないものだから、もしかして「あの世の楽園」に行ってしまったのではないか(?)と思っているかも知れない。
ーーーいいえ、あい変わらず、忙しくしてますよ。

よく他人から写真家という職業を羨ましがられる。「世界中いろんなところに行けて、美味いものを食べて、すごい経験をして・・・」などと、こちらこそ羨む職業の人からいわれることがある。
ーーー「ご冗談でしょう! 撮ること自体は楽しいけど、生活は大変なんですよ。」と昔は答えていたが、(羨ましがられる仕事が減ったせいか)、「確かに! いい経験はさせてもらっている。」と、最近、変わった。

こんな前フリで、本題へ。次の仕事はフェラーリ関連、しかもフェラーリの中のフェラーリ、ラフェラーリの撮影。

撮影前に予習しておかなければならないけど、これが楽しい!! 題して「撮影前に知っておくべきラフェラーリの100」

001 デザインはピニンファリーナPininfarinaではなく、フラヴィオ・マンツォーニFlavio Manzoni率いるフェラーリ デザイン部門。

002 Flavio Manzoniは1965年生まれのイタリア人建築家・自動車デザイナー。(建築家というところ重要!!!というのは建築物とラフェラーリが撮影テーマだから)。フィレンツェ大学建築学部でインダストリアルデサインを学び、ランチャで経験を積み、バルセロナに移ってセアトのインテリアデザインの責任者になり、…2001年デザインディレクターとしてランチャにもどり、
2004年フィアットグループのデザイン ディレクター、
2006年VWのクリエイティブ デザイン ディレクター、
2010年フェラーリのデザイン部門上席副社長、
2014年ゴールデン コンパス賞受賞、
2015年彼の手になるフェラーリの3車種 ー FXX K, カリフォルニアT、そしてラフェラーリ ー に対してレッド ドット デザイン賞、
2016年フェラーリ488でレッド ドット デザイン賞のBest of the Best受賞。
好みだね〜、彼の経歴と作品。

003 FXX Kはラフェラーリをベースにしたサーキット走行専用車。

004 先日LaFerrariのオープン トップ バージョンが発表された。即予約完売。

005 LaFerrari定冠詞をスペース入れないで表記するところが現代的。
(Ferrariという苗字が女性だとは知らなかった。苗字は女性なのだろうか? それとも自動車automobileが女性だからだろうか? )
ともかく最高のフェラーリという意味。

(一旦休憩・・・)

この世の楽園・日本

ハーバート・G・ポンティング著 英国人写真家の見た明治日本 (講談社学術文庫)を読む。

ハーバート・ポンティングにとって「常に人生に生き甲斐を与えてくれるものの一つ」であるカメラを持って、思う存分写真に撮ることを目的にして、1902年ごろ来日した。ーーー写真家ならではのこの取材意識が素晴らしい。明治期、一山当てようとして来日する外国人とは一線を画している。

「私は蝉の声が好きだ。…日本の昆虫の甘美な鳴き声は、私にはかりしれない大きな喜びを与えてくれた。…」

虫の音を日本人は左脳の言語分野で声として聞き、日本人以外の外国人は右脳の音楽分野で雑音として聞く(最近の脳科学はどのように捉えているのかはわからないが、日本語の母音の多さからして、あり得る)、という日本文化の深みまで測れる彼の感性も、また、素晴らしい。

日本人的な感性で、その上親日的ともなれば、最近のTV番組で流行っているような「世界に誇れる日本文化・日本の製品」というような見方になりがちだが、ポンティングはそのような俗物ではなかった。

明治日本の外国趣味に迎合して質の低下した職人技の多さを嘆き、その中で毎日技に磨きをかける名工がいることも知っている。その名工が作り出す超一級品を見極める目も持っている。

ビンテージプリントを見たくなるほど写真がうまい。絵葉書になるような撮りかたはしていない(日本に慣れたとき、こずかい稼ぎをしたような写真もあるが)。ポートレートなどは彼の人柄がよくわかるように表情が優しい。

110年程前の明治期日本。来日した外国人によっていくつかの日本見聞録が出されているが、この本が一番かなー。

原著は1910年ロンドンのMacmillan社から出たIn Lotus-Land Japanで、Kindleでも200円で読める。しかし、この世の楽園かなー?編集者がつけたタイトルだろうけど。

映画「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」

たとえば、生誕のファサードの彫刻家外尾悦郎と受難のファサードの彫刻家ジョセップ・マリア・スビラックスが若いとき偶然バルで出くわし、もし、どちらかの腹の虫の居所が悪かったら、殴り合いの喧嘩になるのではないかと思う。それ程、二人の彫刻家の作風や考えは異なっている。

この二人だけでない。サグラダファミリアに関係するクリエイターたちは考え方が異なる人が多い。ーーーそういう彼らがサグラダファミリアという一つの場所で共同作業をする。ーーーまさに、The Mystery Of Creation、想像と神秘。

映画「創造と神秘のサグラダ・ファミリアhttp://www.uplink.co.jp/sagrada/」を見た。ーーースイス人監督のステファン・ハウプトは、クリエイターたちの「違い」をバルセロナのもつ人種の多様性として関連付けていた。ーーーでも、それは最近のことではないの?ーーー 少し違うように思う。

ここ30年間ガウディを見ているものにとって、二つの歴史的要素がサグラダファミリアの建設を大きく変えたことがわかっている。

一つは、CADの使用。石からプレキャストへと素材・工法が変わった。
もう一つは、世界遺産登録による観光客の劇的増加。結果、大収入、建設費に悩まされなくなった。

映画の中で、ニュージーランド人に建築家のマーク・バーリーが、使用したCADソフトは普通の建築用のものではなく、航空機設計用の3DCADソフトであることを明らかにしている。ーーーもともと設計図を書かないガウディの建築物には、このほうが適切だ。

大勢の観光客がもたらす収入の多さという経済的な「量」は、サグラダファミリアの建築的な「質」を変えてしまったのかもしれない。そんなことを考えさせられたドキュメント映画だった。

王立ガウディ記念講座のバセゴダ教授がガウディの言葉を引用して「神は急いでおられない。焦らなくていい」と述べていたが、そのバセゴダ教授も2012年に亡くなっている。ーーー私の写真集に対してガウディが喜ぶと言ってくれた教授だが、ガウディはこのドキュメント映画をどう思うのだろうか?

ものづくりとは何か?

忙しくなると、本を読みたくなる。一種の逃避行動かも知れない。村上隆の本は、作品が好みではなかったので、積極的に読むことはなかったが・・・。
しかし、古本店で、たまたま、手に取った創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 (角川oneテーマ21)の開いたページに「『ものづくりとは何か?』という問いにひと言でこたえるとすれば、インスピレーションです。」というフレーズが琴線に触れたので、即、買ってしまった。

タイトルからして挑戦的な言葉だが、全編ストレートな言い方でつづられた、刺激的なビジネス書だった。

「ヒエラルキーの最下層にいるアーティスト」なる村上氏の言葉で、階級社会を連想し、「下部構造(土台)が上部構造を規定する」というマルクシズムの命題を思い出した。少し穿った見方をすれば、本書はこの命題が現代ではアートインダストリーにおいてこそ当てはまり、アーティストは上部構造だけの存在と思われがちだが、アーティストを規定しているのは下部構造(土台)なのだから、しっかりとした下部構造(土台)を作らねばならず、その作り方を述べたものだ。

村上隆氏が言うところのアーティストがアートインダストリー業界で成功するための仕事術とは、次の3点に絞られるかも知れない。

「いつか世間に見直してもらえるといった考えを捨てることこそが、芸術家として身を立てる第一歩、成功するための仕事術の第一歩になるのです。」
「欧米の芸術の世界には“確固たる不文律”が存在します。」
「才能を買ってくれたハイヒエラルキーの人たちの期待を裏切らないようにしていれば、大衆には理解不能なことをしていても構わないからです。」

つまり、現代アートの顧客は、大金持ちだから、その顧客と比べたら、アーティストの存在なんて小さなもので、自分の作品が大きければ大きいほど、顧客と比べて自分は最下層であると自覚しなければならず、そういう顧客を獲得するために、また、顧客を満足させるためにしっかりとした西洋美術の文脈を身につけ、積極的に発言し、それによって世界的な評価をものにしなければならない、そして、最高の顧客をつかんだら、その人達のためだけに制作すればよい、ということでしょうか?

この本を読んでいたら、村上隆はワーグナーかなとインスピレーションした。次の読書予定、村上隆の「芸術起業論」を読むときにはローエングリンでもかけながらページを捲ってみようかな。

不肖・宮嶋inイラク

映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」を見るため黄金町のジャック&ベティに行った。

上映までには少し間があったので、時間つぶしに商店街の古本屋に入った。
そこで眼にしたのが宮嶋茂樹さんの「不肖・宮嶋inイラク―死んでもないのに、カメラを離してしまいました。」という写真集。

13年前のイラク戦争、開戦直後の4週間(本人曰く人生最悪の4週間)をリポートしたものだ。
「復興には、とてつもないゼニと時間がかかるであろう。ほかならぬイラク人自身がそうさせるのである。次にこんな国の指導者になりたがる奴がおるとも思えんが、誰がなっても私は同情する。・・・」絶望のなかでの直感的な予測がISIL支配地区の現況と重なる。

彼の直感は、極限状況において、冴え、撮影で緊張した神経を弛緩させているときなどは、鈍るようだ。その落差が彼の面白さなんだけど。

「沖縄と本土」 翁長雄志、寺島実郎、佐藤優、山口昇。

沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義を読む。

山口昇氏の発言が新鮮だった。ーー 海兵隊は抑止力になるか ーー

「もう一つ申しますと、確かに沖縄には海兵隊が多い。海兵隊は抑止力になるのでしょうか。私は、抑止力と言うよりはむしろ対処能力、いろいろな火消しをする消防署のような機能はあろうかと思います。抑止力というのは本来、相手を怖がらせ、自分には指一本触れさせないという力ですから、そういった意味では抑止力ではないわけです。」

「それに比べますと、沖縄というのは、先ほど知事はそこまでおっしゃらなかったけれども、沖縄戦が始まる1945年4月1日までに、言ってみれば、旧日本軍が戦闘をするために立ち退きを強制ところなんです。戦闘が終わって沖縄の人が帰ろうと思ったら、そこに米軍がいたーーーそれから70年経ったわけです。その違いを、我々は理解しなければなりません。」

元陸上自衛官の素朴すぎるとも思える発言だが、目の前にある辺野古の問題を解くカギは、山口昇氏の上の2点にあるかもしれない。
「海兵隊の基地は抑止力にならない。」と「普天間などは旧日本軍が立ち退きを強制したところ。」