塙保己一

盲目の国学者塙保己一(1746〜1821年)について調べていたら、埼玉県の子ども向けパンフに「塙保己一物語」というものを見つけた。
Wikipediaより面白い。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/hanawa/documents/404314.pdf
そのパンフの最後に保己一に挑戦クイズあるので、それから、挑戦。

1.保己一が、病気がもとで失明してしまったのは、何歳の時だった?
ーーー7歳の時。

2.保己一が15歳のとき、江戸に向かう決意をしたきっかけとなった職業は?
ーーーあんま、はり。 (当道座)

3.保己一が編集・出版した「群書類従」。その群書類従の版木は全部で何枚?
ーーー17,244枚。 版木は裏表両面刷れるので約34,000ページ分。 666冊。

4.現在の大学ともいえる、保己一が設立した学問所の名称は?
ーーー和学講談所。

5.世界的偉人ヘレン・ケラーに、塙保己一のことを教えたのは誰?
Her mother. In 1937, Helen Keller came to Japan and visited Hokkiichi’s memorial house. She expressed her impression as follows: “When I was a child, my mother told me that Mr.Hanawa was your role model. To visit this place and touch his statue was the significant event during this trip to Japan. The worn desk and the statue facing down earned more respect of him. I believe that his name would pass down from generation to generation like a stream of water.”

塙保己一記念館、撮影前の予習でした。・・・

この世の楽園・日本

ハーバート・G・ポンティング著 英国人写真家の見た明治日本 (講談社学術文庫)を読む。

ハーバート・ポンティングにとって「常に人生に生き甲斐を与えてくれるものの一つ」であるカメラを持って、思う存分写真に撮ることを目的にして、1902年ごろ来日した。ーーー写真家ならではのこの取材意識が素晴らしい。明治期、一山当てようとして来日する外国人とは一線を画している。

「私は蝉の声が好きだ。…日本の昆虫の甘美な鳴き声は、私にはかりしれない大きな喜びを与えてくれた。…」

虫の音を日本人は左脳の言語分野で声として聞き、日本人以外の外国人は右脳の音楽分野で雑音として聞く(最近の脳科学はどのように捉えているのかはわからないが、日本語の母音の多さからして、あり得る)、という日本文化の深みまで測れる彼の感性も、また、素晴らしい。

日本人的な感性で、その上親日的ともなれば、最近のTV番組で流行っているような「世界に誇れる日本文化・日本の製品」というような見方になりがちだが、ポンティングはそのような俗物ではなかった。

明治日本の外国趣味に迎合して質の低下した職人技の多さを嘆き、その中で毎日技に磨きをかける名工がいることも知っている。その名工が作り出す超一級品を見極める目も持っている。

ビンテージプリントを見たくなるほど写真がうまい。絵葉書になるような撮りかたはしていない(日本に慣れたとき、こずかい稼ぎをしたような写真もあるが)。ポートレートなどは彼の人柄がよくわかるように表情が優しい。

110年程前の明治期日本。来日した外国人によっていくつかの日本見聞録が出されているが、この本が一番かなー。

原著は1910年ロンドンのMacmillan社から出たIn Lotus-Land Japanで、Kindleでも200円で読める。しかし、この世の楽園かなー?編集者がつけたタイトルだろうけど。

9月18日

今日9月18日午後5時に新国立競技場のコンペが締め切られた。
隈研吾ー大成ー梓設計チームと伊東豊雄ー竹中・清水・大林ー日本設計チームの一騎打ちになるらしい。
5年先未来の「わくわく感」はなくなった。
暗雲垂れ込める新国立騒動のなかで、先日、ザハ事務所が出した反論ビデオが一筋の光線のように思えた。その光もいまはない。

安保法案が参院でも可決成立しそうだ。

84年前の9月18日満州事変(中国名九一八事変)が起きた。
15年戦争の始まりの日だ。
中国にとっては918と919とでは意味が違う。
野党の問責攻勢で日を跨ぎそうだということに一縷の希望を見出す自分が哀しい。

「回想 20世紀最大のメモワール」レニ・リーフェンシュタール著

なぜ、いままたレニ・リーフェンシュタールの自伝を読んだかのか?

回想―20世紀最大のメモワール (上) (文春文庫)回想―20世紀最大のメモワール (下) (文春文庫)

先日の中国の軍事パレードを見て、彼女のナチス党大会の記録映像「意志の勝利」を思い出したので。・・・連想がはじけた。

「意志の勝利」は単なる記録映画ではない、ヒトラーの「美意識」をビジュアル化したようなプロパガンダ映画だ。

同じくヒトラーの「美意識」を具体化したアルベルト・シュペーアが懲役20年なのに、彼女は、ナチ党員でなかったとはいえ、無罪というのはどういうわけか?

リーフェンシュタールがシュペーアに宛てた手紙のなかに二人のかなでの線引きが示されていた。

「・・・それでもーーーこう書くことをお許しくださいーーーあなたは何百万回と繰り返され、決して止むことのないであろう質問に十分な回答を与えてはいません。それは「ドイツ国民だけではなく、多くの外国人にまであれほど感銘を与えた、いや魔法にまでかけてしまったヒトラーの魅力とは何か?」。その原因はだぶん、あなたがその人のネガティブな面をポジティブな面よりもより強く強調したことにあるのではないでしょうか。あなたが記しているようなヒトラーは、善きにつけ、悪しきにつけ、普通ではことはやり遂げるかもしれませんが、全世界を分解するような真似はできないでしょう。ところが、現に彼はそれにほとんど成功しかかったのです。ここで私たちの見解は分かれるのです。・・・」

リーフェンシュタールにすれば、全権掌握前に彼女やシュペーアの隠れた才能を見いだしたプロデューサー能力がヒトラーの魅力ということになる。

彼女は非ナチ化裁判で「ナチスの同調者だが、戦争犯罪への責任はない」との理由で無罪となった。

スーザン・ソンタグの土星の徴しの下にが読みたくなった。

塚本晋也監督「野火」

もっと早く劇場に行きたかったが、やっと塚本晋也監督の「野火」を見た。http://nobi-movie.com/theater.html

原作は第二次世界大戦フィリピン戦線での地獄を書いた大岡昇平の小説「野火」だが、この映画は原作小説を1時間27分で速読したような感覚に近かった。
あるいは、こういう表現が許されるかどうかわからないが、小説のプロモーションビデオ(PV)を見ているような感覚に襲われた。

脳への映像的な焼き込みが記憶になるには編集作業の時間が必要だ。小説「野火」は1951年に雑誌「展望」に発表されたものだから、大岡昇平は記録から記憶への編集作業に少なくても6年間の時間をかけた。

映画「野火」は、大岡昇平のこの編集作業の時間を意図的に排除して、大岡昇平が脳に焼き込んだ映像をそのまま断片として再現する試みのようだった。

つまり、塚本晋也の編集作業は、壊れた人間を精神科医が分析するような合理的な手法ではなく、レイテ島の自然と荒川の自然が映像的にシームレスに繋がるようにしただけだったのではないかと思う。

こうしてトラウマとなりうる映像の断片が作られたのだが、映像に比べて、台詞が原作小説と殆ど同じ言葉で構成されているにもかかわらず、心に響くことはなかった。これは大岡昇平をして6年間の心的編集時間を無視した代償かもしれないが。

「永遠平和のために」イマヌエル・カント著 池内紀訳

綜合社から2007年に出版された永遠平和のためにが、今年の6月集英社から復刊された。
藤原新也さん、野町和嘉さん、江成常夫さんの写真と「永遠平和のために」から抜粋した格言とを並べ、カントの戦争と平和についてのアフォリズム集にした、編集企画本。
編集者は池孝晃氏。

実は、2007年に出版されたとき、書店で写真ページをパラパラとしただけで、購入はしなかった。
買わなかったばかりか、「こういうことやっているから写真家は低く見られてしまうんだ!」と写真界の大御所たち、そして編集者に腹を立てた。

それが、なぜ? 今回の復刻版は買って読んだ。自分のなかでは、
1)安全保障法案をめぐる最近の政治状況がカントにまで向かわせた? ーーーハズレとはいえないけど、ズバリではない。
2)池内紀さんの訳を読みたかったから? ーーーハズレとはいえないけど、ズバリではない。
3)昨今の中高年の編集者が、自分で企画が立てられない、自分でリサーチできない、自分の頭で考えられない人が多いなかで、本来編集者とはこういう役割を背負った人だ、とわかる本を応援したい。ーーーこれが一番「的」に近い。
(1,404円の本にしては、随分葛藤があったように思えるだろうが、)クリックする一瞬、このようなことを考えた。

読後感は?
アーカイブにある写真に古典的な名言・格言を添えるのは、写真家の端くれとしては、どうしてもダメでした。

どうして?
たとえば、「常備軍はいずれ、いっさい廃止されるべきである。」には藤原新也さんのコスモスの花の写真が、
「戦争を起こさないための国家連合こそ、国家の自由とも一致する唯一の法的状態である。」には野町和嘉さんの牛の放尿で髪を洗うスーダンのある部族の少年の写真が、
「永遠平和は空虚な理念ではなく、われわれに課せられた使命である。」には江成常夫さんの原爆ドームのシルエット写真が、それぞれ使われていた。
ーーーこれはコラボレーションではない。ーーー写真は言葉の付け足しではない。ーーー言葉と写真が合わないとか、「イメージ」に偏りすぎているとかの問題ではない。

「永遠平和は空虚な理念ではなく、われわれに課せられた使命である。」
永遠平和が、私たちに課せられた使命であるとすれば、写真家なら写真家として、翻訳者なら翻訳者として、編集者なら編集者として、それぞれの立場で「永遠平和」にアプローチする試みをしなければならない。
名言にアプローチする試みでなければならない。ーーー写真家はやったといえるかな?

写真との関係でぼろくそに言っているけど、カントの「永遠平和のために」の翻訳本としてはすごくいい本だと思う。
しかし、簡単に読めるからといって簡単に理解できることではない。
だからこそ、池内紀さんの具体的な翻訳の苦労話のほうが読みたかった。

「平和のための戦争論」植木千可子著

リベラルな安全保障の専門家として注目されている植木千可子氏の平和のための戦争論: 集団的自衛権は何をもたらすのか? (ちくま新書)を読んだ。

期せずして、なぜ日本ではリベラリズムが成長しないのかがわかるような気がした。と同時に、日本の安全保障にはいま何をしなければならないのかもわかった。

著者は、昨年7月集団的自衛権の行使容認が閣議決定されたとき、この本の上梓を思い立ったと述べている。まえがきはこんな言葉で結ばれている。「次の戦争をするかしないか。それを決めるのは、私たちです。・・・」こんなフレーズに誘われて、読みはじめ・・・、簡明な論理の展開は、確かにMIT国際研究センター出身と思わせるのだが、一方で、(小生の頭の中には)違和感のようなものが、だんだん大きく膨らんだ。

違和感? それは植木さんは集団的自衛権を自明の理として日本の安全保障を論じるのだが、現憲法下では考えられない「軍事的孤立主義」や「積極的軍事的国際主義」などを選択肢の一つとして解説ーーーTVの討論番組みたいな構成にするものだから、新書本にも政府から圧力が掛かっているの(?)と嫌な気分になった。

ところが、最後に「私の考え」という項目を設け自身の考えを述べている。ーーーこの本はこの項目だけあればよかった。「私の考え」の13ページ分を詳細かつ簡明な230ページの本にしてもらいたかった。

「私の考えをここで少し述べておきたい。世界に起こっている変化を見ると、日本がこれまでの安全保障政策を続けて安全を確保するのは難しい。日本は国際システムから多大な恩恵と利益を受けているので、積極的にこの国際システムの維持を図ることが必要だ。そのためには、集団的自衛権の行使を容認する必要がある活動もあると考える。・・・」
「ただし、集団的自衛権の行使に向かって動くのであれば、3つのことが不可欠だ。・・・
「1つめは、どのような場合に集団的自衛権を行使するのかについて、国内で幅広い議論をする必要がある。・・・安全保障の観点から歯止めが問題となるのは、憲法を逸脱する戦争をする国になることではなく、他国に威圧感を与え安全保障のジレンマに陥り、安全が損なわれることだ。・・・今回の閣議決定に際して、政府は十分な説明をしていない。・・・
「2つめは、中国との関係改善と関係強化に全力を傾けることだ。・・・多国間安全保障枠組を作り、その中に中国を組み入れておくことが重要だ。・・・安全保障だけでなく経済でも同様だ。・・・災害救助の協力や水難事故の際の協力など、低いレベルの協力からでも始め、制度化することが必要だ。・・・
「3つめは、先の戦争に対する日本人による検証だ。なぜあの戦争が始まり、拡大したのか。なぜ、負けたのか。あるいは、なぜ負ける戦争を始めたのか。・・・とくに、日本の場合は、アメリカの冷戦戦略の一環で、戦時中の指導者らを1950年以降、要職に復帰させたため、戦争の検証がさらに困難になった。・・・しかし、この作業を日本人自身でやり遂げない限り、日本は前に進めない。

植木千可子さんの3つの必要不可欠な社会基盤ないし国民的な合意。いまの安倍政権は何一つクリアしていない。

世論調査では(朝日、毎日、読売3紙の平均)法案に賛成が30.3%、反対が54.7%、また法案を十分に説明しているかとの質問には各新聞、テレビ東京などが軒並み80%を超える結果だった。こういう世論を無視して憲法違反の法案を強行採決、だめ押しに60日ルールを使おうなんていうのは民主主義国家とはいえない。