塙保己一

盲目の国学者塙保己一(1746〜1821年)について調べていたら、埼玉県の子ども向けパンフに「塙保己一物語」というものを見つけた。
Wikipediaより面白い。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/hanawa/documents/404314.pdf
そのパンフの最後に保己一に挑戦クイズあるので、それから、挑戦。

1.保己一が、病気がもとで失明してしまったのは、何歳の時だった?
ーーー7歳の時。

2.保己一が15歳のとき、江戸に向かう決意をしたきっかけとなった職業は?
ーーーあんま、はり。 (当道座)

3.保己一が編集・出版した「群書類従」。その群書類従の版木は全部で何枚?
ーーー17,244枚。 版木は裏表両面刷れるので約34,000ページ分。 666冊。

4.現在の大学ともいえる、保己一が設立した学問所の名称は?
ーーー和学講談所。

5.世界的偉人ヘレン・ケラーに、塙保己一のことを教えたのは誰?
Her mother. In 1937, Helen Keller came to Japan and visited Hokkiichi’s memorial house. She expressed her impression as follows: “When I was a child, my mother told me that Mr.Hanawa was your role model. To visit this place and touch his statue was the significant event during this trip to Japan. The worn desk and the statue facing down earned more respect of him. I believe that his name would pass down from generation to generation like a stream of water.”

塙保己一記念館、撮影前の予習でした。・・・

原発は一神教に似ている

「原発は一神教に似ている」と中沢新一氏が内田樹氏との対談集日本の文脈のなかで語っていた。
「えっ?」読み進めると、
「生態圏の外にある核分裂反応を、直接、無媒介に生態圏に持ってきてしまっている。つまり、インターフェイスがないことが問題なんじゃないかって気がついたんですね。そうすると一神教の問題とつながるんです。」
ふ〜ん、三位一体なんてユーザインターフェイス・プロトコルではなんじゃない? オオッとあぶない、小学生が横綱にぶつかり稽古を挑むところだった。

おばさんたちのおしゃべりは発展性がないので好きじゃない。言葉の欠片はいっぱい散らばっていて、「えっ?」は連発させるが、文脈を形成するほどではなかった。

Patrick Modiano “The Search Warrant”

ノーベル文学賞受賞作家パトリック・モディアノのThe Search Warrant(捜査令状)を読んだ。
レストランでしかフランス語を話せない小生にとって、いますぐ読めるパトリック・モディアノは、このタイトルのキンドル版だけだった。

これは”Dora Bruder”として1997年にフランスで出版されたものの英訳本だ。

1941年12月のParis-Soire紙の尋ね人欄に載ったユダヤ人少女Dora Bruderの公的記録を詳細に辿る、小説のかたちをとったヴィシー政権下で生きたユダヤ人少女のドキュメントだ。彼女は1926年、12区にあるロスチャイルド病院で生まれ。15歳のとき、フランスの警察に逮捕され、逃亡、ふたたび逮捕され、1942年9月18日、ウィーン生まれの父親とともにアウシュヴィッツ行きの列車に乗せられた。

フランスのユダヤ人のアイデンティティ、パトリック・モディアノの取材ノートのような作品だった。

私、写真を撮って生きてます。・・・

忙しさがピークに達っするとバカなことをしたくなる。
たとえば、明後日の締め切りを無視して朝から本を読んでみたり・・・。しかも、その本は、
取材前に読んでおかなければならない本の類ではなく、
何も買わないで古書店を出るのが申し訳なくて、外に置かれた100円の書架から手にした一冊だったり・・・。
今日がそんな日だった。今日は100円書架からの2冊。
中沢新一「ポケットの中の野生 (今ここに生きる子ども)」と鴻上尚史「スナフキンの手紙
・・・
最初は「そうかなぁ」などとツッコミを入れていたが、鴻上尚史のあとがきを読むころには後悔で全身、被害妄想の暗い闇に沈んでいた。
明日は朝から宇都宮で撮影。明るい世界に戻らなくっちゃ・・・。

「風立ちぬ」宮崎駿

遅ればせながら昨夜近所の映画館に足を運んだ。評価が分かれている中で、だんだん話題にされなくなった宮崎駿の「風立ちぬ」を見るために。

零戦の設計者堀越二郎と堀辰雄の「風立ちぬ」を重ねたファンタジーなのだが、自分自身に対する正直さにおいて宮崎駿の私小説みたいな映画になっているーーーつまり、「ジブリ」というヒコーキの設計者としての自伝ーーー新しいジャンルの映画作品だ。

新しいといえば、今回のヒロイン菜穂子の存在はいままでの登場してきた女性とはまったく違っていた。ーーーなぜ、ジブリというヒコーキの設計者には「菜穂子」という存在感の薄い伴侶が必用だったのか?
菜穂子は「風立ちぬ」の節子ではない、堀辰雄の小説「菜穂子」ではあるが、結核が同じだけでキャラクターはかなり違う。小説に出てくる節子なり菜穂子のほうが、むしろ、ジブリらしい少女だと思うが、それをなぜあそこまで存在感の薄い人物設定にしたのか、(存在感の薄い人物になってしまったのか)?

堀越二郎の妻須磨子さん? ーーーまったく違う。
宮崎駿の奥さん?ーーー「零戦の設計者の話よりトトロみたいなものを作ればいいのに」といった奥さんではあり得ない。
だとすると、菜穂子は誰? 

菜穂子は宮崎駿のパートナーとしての理想像だ。女性のほうからアプローチしてくれて、ときたま思い出すように求めても受けいけてくれて、けっして仕事に口出しせず、不平不満も言わず、いつもきれいで、家で見守ってくれる。二郎が生きた戦前の昭和にだって、そんな女性はいない。 

宮崎駿の映画はある実在の人に向けて作られてきたという。このことでも「風立ちぬ」は新しい試みがあった。ーーーヒロイン菜穂子に向けて作られている。また、菜穂子は唯一の観客であり批評家でもある。ーーーその菜穂子から「来て」「生きて」と絶対的な評価を受ける。これだけ美化した自分を自分が作りだした女性に愛される。

試写を見た宮崎駿が始めて自分の映画に涙したという。宮崎駿自身の中で完結している映画だから、当然といえば当然。

ーーー優しいようで残酷、薄っぺらなようで深い・・・宮崎駿だから許されるような新しい映画だった。

映画冒頭、蚊帳の中で寝ている二郎少年の標準レンズのパンフォーカスに嫉妬を感じたが、それ以降の関東大震災のシーンも木漏れ日のなかの再会シーンも、さらには九試単座も驚きはしなかった。

作画の参考にしたであろうフィルムを編集した人がいる。

パッチワークキルト

パッチワークが流行っているようだ。手芸ならぬ文芸の分野で、いや文芸ではないか、もっと基本的なリテラシーの範疇で。
雑誌でもネットでも、読んでいて不明瞭だなと思える箇所は、決まって、パッチワークだったり、する。
面白いとかつまらないとか、いいとか悪いとか、うまいとかまずいとか・・・子供でもわかるような感覚も「大多数」にたよらなければならない人が多くなった。これもネットの影響か。
キルトといえば、アーミッシュのキルト作品など見ると宝石だと思えるようなものがある。
http://www.pbase.com/brownsf/amish_quilts
キルトは、実際自分の目で見ると、平面デザインではなく立体デザインに、驚く。
アーミッシュって、ネット使えるのだろうか?
http://amishamerica.com/do-the-amish-use-computers-and-the-internet/
基本的にはダメみたいですね。ダメというかネットやPCは外部のお客さんとの連絡のため使うだけで、そのほかの利用は興味がない。
パッチワーク・リテラシーからアーミッシュキルトになってしまった。・・・本当はこんな奥歯に物がはさまったようなことを書くつもりはなかった。

佐野眞一

あんぽん 孫正義伝」をきっかけに「阿片王」「東電OL殺人事件」などの佐野眞一を読む。えっ?いまさら?
そうなんですよ。「東電OL殺人事件」など、以前、途中まで読んで捨ててしまった。

アメリカ留学からスプリント・ネクステル買収の背景でも少し描かれているかと期待もあったが、佐野眞一氏にそんなことを期待した小生がバカだった。
佐野眞一氏の手法は、たとえてみると、犯罪被害者の死因を特定する法医学者の解剖に似ている、外科の医者ではない。死んだ人だけをあつかい、生きてる人間を対象にすべきではない。