塙保己一

盲目の国学者塙保己一(1746〜1821年)について調べていたら、埼玉県の子ども向けパンフに「塙保己一物語」というものを見つけた。
Wikipediaより面白い。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/hanawa/documents/404314.pdf
そのパンフの最後に保己一に挑戦クイズあるので、それから、挑戦。

1.保己一が、病気がもとで失明してしまったのは、何歳の時だった?
ーーー7歳の時。

2.保己一が15歳のとき、江戸に向かう決意をしたきっかけとなった職業は?
ーーーあんま、はり。 (当道座)

3.保己一が編集・出版した「群書類従」。その群書類従の版木は全部で何枚?
ーーー17,244枚。 版木は裏表両面刷れるので約34,000ページ分。 666冊。

4.現在の大学ともいえる、保己一が設立した学問所の名称は?
ーーー和学講談所。

5.世界的偉人ヘレン・ケラーに、塙保己一のことを教えたのは誰?
Her mother. In 1937, Helen Keller came to Japan and visited Hokkiichi’s memorial house. She expressed her impression as follows: “When I was a child, my mother told me that Mr.Hanawa was your role model. To visit this place and touch his statue was the significant event during this trip to Japan. The worn desk and the statue facing down earned more respect of him. I believe that his name would pass down from generation to generation like a stream of water.”

塙保己一記念館、撮影前の予習でした。・・・