ものづくりとは何か?

忙しくなると、本を読みたくなる。一種の逃避行動かも知れない。村上隆の本は、作品が好みではなかったので、積極的に読むことはなかったが・・・。
しかし、古本店で、たまたま、手に取った創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 (角川oneテーマ21)の開いたページに「『ものづくりとは何か?』という問いにひと言でこたえるとすれば、インスピレーションです。」というフレーズが琴線に触れたので、即、買ってしまった。

タイトルからして挑戦的な言葉だが、全編ストレートな言い方でつづられた、刺激的なビジネス書だった。

「ヒエラルキーの最下層にいるアーティスト」なる村上氏の言葉で、階級社会を連想し、「下部構造(土台)が上部構造を規定する」というマルクシズムの命題を思い出した。少し穿った見方をすれば、本書はこの命題が現代ではアートインダストリーにおいてこそ当てはまり、アーティストは上部構造だけの存在と思われがちだが、アーティストを規定しているのは下部構造(土台)なのだから、しっかりとした下部構造(土台)を作らねばならず、その作り方を述べたものだ。

村上隆氏が言うところのアーティストがアートインダストリー業界で成功するための仕事術とは、次の3点に絞られるかも知れない。

「いつか世間に見直してもらえるといった考えを捨てることこそが、芸術家として身を立てる第一歩、成功するための仕事術の第一歩になるのです。」
「欧米の芸術の世界には“確固たる不文律”が存在します。」
「才能を買ってくれたハイヒエラルキーの人たちの期待を裏切らないようにしていれば、大衆には理解不能なことをしていても構わないからです。」

つまり、現代アートの顧客は、大金持ちだから、その顧客と比べたら、アーティストの存在なんて小さなもので、自分の作品が大きければ大きいほど、顧客と比べて自分は最下層であると自覚しなければならず、そういう顧客を獲得するために、また、顧客を満足させるためにしっかりとした西洋美術の文脈を身につけ、積極的に発言し、それによって世界的な評価をものにしなければならない、そして、最高の顧客をつかんだら、その人達のためだけに制作すればよい、ということでしょうか?

この本を読んでいたら、村上隆はワーグナーかなとインスピレーションした。次の読書予定、村上隆の「芸術起業論」を読むときにはローエングリンでもかけながらページを捲ってみようかな。

不肖・宮嶋inイラク

映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」を見るため黄金町のジャック&ベティに行った。

上映までには少し間があったので、時間つぶしに商店街の古本屋に入った。
そこで眼にしたのが宮嶋茂樹さんの「不肖・宮嶋inイラク―死んでもないのに、カメラを離してしまいました。」という写真集。

13年前のイラク戦争、開戦直後の4週間(本人曰く人生最悪の4週間)をリポートしたものだ。
「復興には、とてつもないゼニと時間がかかるであろう。ほかならぬイラク人自身がそうさせるのである。次にこんな国の指導者になりたがる奴がおるとも思えんが、誰がなっても私は同情する。・・・」絶望のなかでの直感的な予測がISIL支配地区の現況と重なる。

彼の直感は、極限状況において、冴え、撮影で緊張した神経を弛緩させているときなどは、鈍るようだ。その落差が彼の面白さなんだけど。