臺北國際金融大樓

最近、個人的には簡体字より繁体字のほうが視覚的にしっくりくるようになった。そこで繁体字で書いてみました。
通称台北101、やはりこっちのほうが認識しやすいか。・・・10年前の2004年に竣工。

最近はどうなんですか? テナント埋まっていますか?

臺北國際金融大樓 通称日本名台北101

臺北國際金融大樓
通称日本名台北101


(探しているのはこの写真ではないんだよね。見つからない・・・)

Michael Jordan says

“To be successful you have to be selfish, or else you never achieve. And once you get to your highest level, then you have to be unselfish. Stay reachable. Stay in touch. Don’t isolate.”
am still selfish.

Surrender Day

いまさら言うことではないような気もするが、日本語と英中韓の言葉のギャップが気になる。
69回目の「終戦」記念日。
英語だとJapan Timesでもsurrenderを使うから終戦ならぬ「降伏」記念日。
中国語は「投降」日
韓国語は、日本の降伏が即植民地からの解放だったので、광복절(光復節)。

丸一日、中国や韓国のネット報道をみていたら、疲れたせいもあり、日本と中韓との(人間だったらバイオリズムのような)波動がまったく正反対なのではないかと思えるようになった。それは櫻井よしこ氏の朝日新聞謝罪すべしということとは違うレベルのことなのだけど・・・。

動的平衡

STAP細胞の騒ぎや笹井芳樹の自殺の後、なぜか福岡伸一氏の「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」「動的平衡2 生命は自由になれるのか」の2冊が再読したくなった。

再読ってその時の心の状態をあぶり出す心理テストを受けているようで不思議な気分になる。

去年の暮れ、現代美術家名和晃平氏のPixCell-Deerを撮影する機会があった。正確に言えば、PixCell-Deerが壁に飾られた部屋のある住宅を撮影した。名和晃平氏のPixCell-DeerあるいはPixCell-Elkシリーズは、福岡伸一氏がPixCell-Elk#2を評して「彼(名和晃平氏)が実現して見せたのは、まさに動的な界面のありようである。光のつぶつぶは拡大された生命の被膜であり、私たちはそのガラス玉の内部にかすかにそこにあったはずの外形を知るだけであり、それが幻想だったことに気付くのである。」という作品だ。

前回読んだときは彼らしい美しい文章で何も引っ掛からず通過してしまったが、・・・今回は少し違った。
フェルメールの絵画に描かれた光を「光のつぶだち」と呼ぶほど、美術に対するしっかりとした評価基準ができている福岡伸一氏が、剥製の動物の表面をガラスビーズで被覆した名和晃平氏の「映像細胞」にたいしては、なぜ愚直といえるほどまで単純になってしまうのだろうか?
ただ単に、福岡氏は「映像細胞」の「細胞」という言葉に反応して、細胞の被膜なら生命の被膜であり、生命(動的平衡)の被膜なら動的な界面を表している、と言っているにすぎない。
名和晃平氏がPixCell-ElkやPixCell-Deerで見せてくれたのは、「動的平衡」の適切な反義語が見つからないので、仮に「静的不均衡」なり「何もない=抜け殻」をガラスビーズで被うことによって、「生命」でも「死」でもない物体が人間の欲望どおりにかたちになった「欲望のかたち」そのものだ。

1ページだけを取り上げて、こうは言ってはみたものの、福岡伸一氏の文章は読み手の妄想を刺激してくれる素晴らしいものだ。ーーー読みながら本を2冊注文してしまった。その本の話はまたこんど・・・。

Mohammad Domiriの写真

180度なり360度パノラマは、撮影対象を選ぶが、モスクの内部空間はベスト・オブジェクトだ、と感じさせる。建築写真として見ると、垂直線や水平線は直線であってほしいから、外部空間は無理が出る。(これは小生もFotoCubicaで苦労した。)
イラン出身の23歳、ムハンマド・ドミリ。

http://architecture.photogrist.com/mohammad-domiri/
http://gravity.ir

納豆

納豆ホウレン草パスタを作った。
見た目は悪いが、小生のパスタ料理レコードを更新するくらい、うまかった。
では、早速その写真ーーー失礼、仕事でなかったので撮らなかった。
味はいいけど、見た目がね、撮る気がしなかった。

それでは、納豆のねばねばをおいしそうに撮ろうかといろいろためしたが、これが結構難題で・・・

image

毎日毎日、日の出から熱い

海ほたる

海ほたるから

毎日毎日、日の出から熱い。
東京湾の海ほたるのデッキからから撮ったものだが、直線で10キロも離れていない姉ヶ崎のガスタンクなどは厚い熱い水蒸気の中。
この日の日の出時間は4時43分。太陽が顔を出したのは10分後。人間の眼には、風景はもう少し明るく感じるのだけど、太陽や空気はこんな色調だった。

「ガウディX井上雄彦」展

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開かれている「ガウディX井上雄彦」展をみた。
ーーー期待が大きかっただけに、受けた失望感(?)はかなりなものだった。ーーー自分の土俵にガウディを引っ張り込んで勝負した井上雄彦氏の一人相撲のようだ。ーーー井上雄彦ファンには壁一面の大きな絵はたまらないものだろうが、建築家アントニ・ガウディ好きにとってははったりにしか見えない

小生がこの展覧会に期待していたものは、井上雄彦氏がガウディがガウディになる瞬間をどのように捉えるか、ということだった。もちろん、これは井上雄彦氏だけにではなく、ガウディにアプローチする小生を含むすべての人に問われる課題だと思うが、「スラムダンク」や「バガボンド」で見せた若者が才能を開花させる瞬間を描くのに長けた漫画家なら、新た視点を見せてくれるだろうと期待したのだった。(Pepitaは最後まで見ることさえできなかったが。)ーーー小生の無い物ねだりなのだろうか? 井上雄彦氏がガウディに挑んだものの、巨大さに圧倒され、どうしたらいいものか?と苦悶している姿は見えるが、それでは「ガウディX井上雄彦」とはいえない。

まず、チラシの大仰なキャッチコピーに苛立った。
「ガウディの最高傑作は、その人生だった。」
「シンクロする創造の源泉」
「奇蹟のコラボレーション」
・・・

井上雄彦氏が作ったコピーでないとしても、「ガウディは謙虚だ」とわかっている井上雄彦氏が、自分の描いた絵に意味を持たせるためにだけに、ガウディの既定のパーソナリティを変えてしまってはだめだ。ーーーガウディ自身ではできなかったことも含め、ガウディは、建築家として遺された建築作品で評価されるべきだ。

キャッチコピーだけではない、キャプションも酷かった。ーーーガウディの生涯で最大のイベントは建築家になったこと(学校を卒業したこと)という趣旨のことが書かれていた。それは今回展示されたメイン資料が卒業制作の図面だということに対する照れ隠しとも居直りとも受け取れる。ーーーガウディは、建築家の資格を取ったから自動的に「ガウディ」になったわけではない。

ガウディは、世界的なアールヌーボー、特にカタロニアのモデルニスモという世紀末芸術の潮流の中で、ときには生命を懸けた断食という方法によって自らの信仰を深めた自己変革と、建築の思想および技術に対する不断の改革を通して、われわれが知っている「ガウディ」になったのだ。だから若いときの作風と晩年のそれとは大きく異なる。たとえば、サグラダ・ファミリア聖堂の生誕のファサード(19世紀設計)と受難のファサード(20世紀設計)は大きく異なるのだ。ーーー建築作品ひとつずつ時代に沿って精査すれば、ガウディがどのように自己変革をなしとげたのか(?)また抗しがたい歴史の流れの中でどのように自己実現させたのか(?)わかるはずだ。

あっ!ここでハタと気付いた。ーーー井上雄彦氏は、ガウディの少年時代と晩年しか描いていない。ーーーガウディの入口に立っただけなのだ。ーーーカサ・ブルータスで伊藤徹也さんがカサ・ミラの覗き窓に立つ井上雄彦氏を撮っていたが、こんな深い意味があったとはね。

井上雄彦氏は、普段は取材のときでもスケッチをしないらしい、びっくりだが初めて知った。だが、今回はスケッチをしたという。カサ・バトリョの椅子のスケッチ画。ーーー小さな絵だが、これが壁一面の和紙に描かれた森とも聖堂ともわからないような巨大な抽象的水墨画よりずっとよかった。

書いていくと何日も何ページも書かなくてはいけないような気がしてきたので・・・この辺で。それにしても小生のガウディ、整理し直さなければならないナー。いい機会だからやるとするか・・・