NHK籾井会長

日刊ゲンダイの見出しに「暴言連発 NHK籾井会長に年俸3100万円のアホらしさ」というのがあり、目を止めた。
従軍慰安婦問題だけではない。『通っちゃったんで、言ってもしょうがない』(特定機密保護法に対して)『総理は信念で行かれた』(靖国参拝に対して)・・・。
よく言ったと喜んでいるひとも多いけど、組織のトップになれるほどの品もなければ、放送ジャーナリストとしての資質もない(求める相手ではないが)。

Yomiuri Onlineが同じ会見を「「NHKには優れた組織の土壌があるが、放送法順守を第一に考え、ボルトとナットをもう一回締め直したい」などと抱負を語った。」と伝えている。 
一瞬、エッ何のこと?と思うが、簡単に超訳すると「TVの黎明期にできた放送法(1950年)に守られているから、視聴時間・内容とは無関係に受信装置をもっている世帯から受信料を徴収できるし、市場とも無関係だから料金を下げる必用もない。下請けの取り立て会社を使って、「パソコンや携帯電話でもテレビ放送を受信可能であれば受信契約の対象になる。(NHKバンフ)」と脅せば、支払い率があがるだろう。」といっているようなもの。

NHKのサイトに24年度末の支払い率全国平均73.4%というのを知った。
http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/pdf/osirase_siharairitu24.pdf
沖縄が44.3%で最下位。「沖縄で支払率が低いのは、受信料制度の開始が1972年の本土復帰後で、 他地域より遅いのが大きな理由」といわれているけど、それが本当の理由だろうか?

少し前のことだが、サンケイ新聞に興味深いアンケートがあった。

(1)NHKの地上波放送はスクランブル化を導入すべきか  88%←YES  NO→12%
(2)娯楽番組の多いNHKBS放送は導入すべきか  49%←YES  NO→51%
(3)NHKの番組を見たいか  31%←YES  NO→69%

まずは、B-CASカードスクランブル化、放送法改正だね。変わりそうもないけど・・・。

自転車をはじめた

40年ぶりに自転車を始めた。
トライアスロンのマスターズ大会に出ようと思って・・・、まずバイクから。

バイクといってもロードレーサーで練習しているわけではない。
高校時代のようにレイノルズのフレームにカンパのフルセットにしようものなら今はクルマより高くなってしまうので、まずはKHSのクロスバイクで始めた。

バランス感覚が若いころのようにはならない! 当たり前か。
感覚は高校生のものだが筋肉の働きが定年退職者のものだ。せいぜいタニタのヘルスメーターが表示する体内年齢37歳くらいにならないものか。

昨夜、こんなことがあった。
歩道橋でしかわたれない鶴見線。車道をクルマより早く走ればトラックの恐怖から解放されるが、クロスバイクでの坂道ダッシュは自信ない。ーーー歩道橋へ。
歩道橋の登坂角度は30度ぐらいだろうか、人通りはない・・・年齢不相応な妄想が・・・もしかしたら乗ったまま登れるんじゃないか? 下のギヤもまだ試していない、ギヤ比はマウンテンバイクにちかい。ーーーこれはやるしかないな。

少し戻りながらギヤを落として、助走をつけて一気に(のつもりだった)、2〜3m登っただろうか、ギヤを間違えたのに気付いた瞬間、身体ごと車体が傾いていた。もちろん、右足を地面につけようとした。ところが階段ってだんだんになっている。つくと思った足がつかない。ここからはまるでスローモーション。
倒れながら、「階段でバク宙はしたくない」との想いからか、できるだけ横に倒れた。「頭も打ちたくない。」でも、そこは階段、バク宙にはならなかったけど、バク転になった。この間、一連の動作が0.5秒間の間だった(と思える)。

階段でバク転したんだけど、(よほど受け身が良かったからか)ケガはしなかった、それ以上、どこも痛くない。
こうしてアイアンマンへの第一歩が記された。果てしなく長い道だなー。

iPadでWebを作ろうとしている。

より簡単にできたらいいなと思い、…iPadでWeb作りを始めたのだが、…やっているうちにあれもこれも見せたくなり、…最初に考えていた無料シンプルなサイトとはほど遠いものになってしまい、…やはりHTMLをいじらないとだめかと、…jumboとかinWebyで進めたページを一旦諦め、…HTML eggに戻ってやってみるものの、…これではdrea mweaverと変わらないなと、…こういう終わりなき逡巡ぶりがwebの現状というか小生の状況か。
「…」がこんなに雄弁とは!…今週中になんとかしなくては!