「真を写す」ということと「写しが基本」ということ

能面を撮りながら考えた。
・写真を撮るということと能面を打つということは似ている。
・真を写すというと写しが基本ということ。
・能面を打つということは古典を写すということが基本になる。
・真を写すをcatch the truthと訳して外国人に驚かれると書いていた写真家がいたが、ちょっと違うな。
・能の世界において能面が古典を写すことを基本にしながら能面師という個の存在においては確実に進化している。伝統と進化。
・光の画がなぜ写真になったのか?ガラパゴス。
・古典を写すことによって伝統、歴史、時代背景を身につける。


PMA@CES

今日からラスベガスで開催されているCES (家電ショー?電化製品ショー?consumer electronics show? computer electronics show? どっちでもいいけど)のなかにPMS(カメラ写真器材ショー)が吸収されるようなかたちで開かれている。 今年から同時にやるようになった。
http://biz.knt.co.jp/pm/ces/

家電とカメラ。
作っているところが同じだったりするわけだけど、カメラは家電のジャンルには入れたくないなー。

日韓のことわざ

KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」って朴倧玄さん本を立ち読みしていたら、
韓国にはこんなことわざがある、と

10년이면강산도변한다. 10年経てば山河もかわる。

こんな一文が紹介されていた。
でも、これ日本の「10年一昔」と同じなんじゃない。

(ところで、山河は韓国語では河山(강산カンサン)と逆になる。逆になるのは結構あるようだね。
あちこち 韓国語では こちあち(여기저기ヨギジョギ))

ちょっと調べるとことわざは同じか似たようなものがあることがわかる。
なかでも漢文がもとのことわざは日韓同じものが多い。(そりゃそうか、もとがおなじだものね)

좋은약은입에쓰다 良薬口に苦し。 
백번듣는것이한번보는것만못하다 百聞は一見にしかず。
・・・

それはそうと少女時代ーそろそろ少女とは呼べなくなったメンバーをどうすんだろうね? 日本のようにメンバーの入れ替えでずるずると続けるとは思えないし・・・。

スレート葺きの復興住宅

アクシス「匠のかたち」の震災特集(http://liten.be//unI3i)で取材させてもらった石巻の熊谷産業がスレート葺きの復興住宅を建設している。
http://blogs.yahoo.co.jp/akanef0118/62287189.html

仮設住宅ではない復興住宅。

東京駅屋根のスレートの張り替えを担当したのは熊谷産業だ。
そもそもスレートとはこの地方の特産の頁岩で、上質なものは雄勝硯の代表される硯にもなるものだ。

地元の素材を使って地元の業者が住宅を施工する。これこそ復旧でなく、復興だ。